20170524

知らない間にチューリップも桜も散って無くなってた。道の端っこで眠っているみたいにすずめが亡くなってた。見て見ぬふりしてごめんなさい。雨に打たれて踏みつけられて潰れてずっとそこに色も形も残るばかりで土に還れず化石にもなれない。毎朝毎夕、そこに姿があるのを確認してしまう。やるせない。すでに死んでたのに私が殺してしまったみたいな気持ちになる。ただ眠るばかりで死んだように過ごした日の夜のゴミ出し50メートル走往復。息が切れて生を確認する。何者にもなれない。死んでいるのはどっちだろうね。夏の匂いがする。

広告を非表示にする